株式会社マミーズファミリー

キッズパオ あおぞら園

保育の特徴

ここは、子どものもうひとつのおうち。ここは、子どものもうひとつのおうち。乳幼児期の柔軟な脳には質のよい体験が必要です。
子どもにとって、「生活」そのものが教育であり、「遊び」そのものが教育です。保育者であるわたしたちも環境の一つであることを心にとめ、語りかけやしぐさ、微笑みに心をこめて、「大切にされていること」を感じられる保育を第一に考えています。また、くらす たべるみまもる あんしん の4つの観点から、お子さまの保育園生活をやさしくサポートします。

たとえば ある園の1日

ある園の1日
日課(規則的な生活)を大切にしています。
しかし、無理をするのではなく自然にできるように繰り返しています。

担当制について
0歳児〜2歳児は、基本的信頼感(情緒の安定)と基本的生活習慣の確立のため、担当制を導入しています。
育児担当制といい、排せつ・睡眠・食事・清潔・着脱のお世話に関することを担当保育者が行うことを指します。
また、個別の保育指導計画の立案や保育日記や保育記録の記入もこの担当保育者が行います。
しかし、職員の休暇や勤務状況等により、担当保育者が保育に当たれない場 合があるため、交替保育者も取決め、引継ぎを行い、担当制の利点を生かした保育を行っています。

園生活の様子

年間行事

▲このページのトップヘ